FC2ブログ

ロールぱんとあんぱん。

奥深いパンですよね。

20200619104139750.jpg

ロールぱん♪          生イースト、ホップ種


ハードぱんは難しそうで難しいけど、
これは簡単そうで難しい。

ぱん焼き人なら、周知の事実。








ホシノとホップで焼くのがお気に入りだったんだけど、
最近は連続で生イーストメイン。

ホシノとホップは時間かかるからね。
計画性が乏しい時は取り掛かれない(;・∀・)
20200619104110815.jpg
生イーストで焼くと、同じ粉量でも大きいね。
上からの景色がなんか可愛くて好き(∩´∀`)∩









同じ生地からあんぱん。
20200619104232657.jpg
普通のあんぱん焼くの久しぶり!
なんか違った!(笑)

型入れしない方が良かったかも。









あんこ少なかったかもしんない。
20200619104311175.jpg
あんぱんもかなり奥深い・・・(。-∀-)







↓をクリックして、応援いただけるとうれしいです(゜∀゜)ゝ 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


こちらも参加してます
関連記事
スポンサーサイト



2020-06-19 : 食事ぱん : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

メイプルの酵母グラノーラ。

久しぶりの様なお初モノ。

20200617082802058.jpg

メイプルの酵母グラノーラ♪          ルヴァン種



大好きで前はよく作っていたメイプルグラノーラ。
その後ビスコッティにハマったからか、なんとなく疎遠に。

でもこのためにオートミールも買ってたし、
アーモンドとクランベリーとレーズンも使いたいし久しぶりに!  オール期限切れ(;・∀・)









みんな酵母使って作ってるなぁと興味はあったけど、
酵母入れなくてもカリカリっと仕上がるし・・・と酵母入れた事なかった。
20200617082647639.jpg
けど、継いだ後使い道なくて捨てるんだったら入れてみよっかな!
てなって、お初の酵母グラノーラとなりましたヽ(´∀`)ノ









いつものより、ややしっとりとした仕上がり。
20200617082744530.jpg
今回は発酵時間取らなかった。
今度はちょっと発酵させてみようっと。

でもやっぱりメイプルグラノーラは美味し
日に日に美味しくなっていくような気がするのは、酵母の効果?

酵母って無敵感あるよね。









おまけ。
20200617083035448.jpg
トーストブロートに明け暮れていても、
切らさずに焼いてた胡桃のロデブ。









後半温度を10℃落とすんだけど、
忘れるとこうなる( ̄▽ ̄;)
20200617083119999.jpg
オーブンの奥側が焦げ焦げー


たったの10℃とあなどる事なかれ。
香ばしいの大好物のわたしでも、これは剥がして食べる案件です。





↓をクリックして、応援いただけるとうれしいです(゜∀゜)ゝ 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


こちらも参加してます
関連記事
2020-06-17 : 酵母のおやつ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トーストブロート 1.5斤 最終回。

感動のフィナーレ!

という域までは達してませんが、ここらで一区切り。
20200613163848146.jpg

トーストブロート 1.5斤♪         ルヴァン種、ホップ種、セミサフ金、生イースト


↑焼きたて画像ですが、やや歪んでます(´∀`σ)σ

加水100%の食パン、トーストブロート。
腰折れをなくす!
という呪縛をといて、そこそこなんが焼ければいいという事にした(笑)

腰折れがそんなに嫌なら1斤型で焼けばいい。
でも1.5斤の方が美味しく焼けるからね(*´∀`人 ♪


最終回は自分的まとめをいくつか。






① アルタイトの型を使う

前回から3回チヨダではなく、
アルタイトスーパーシリコンの型で焼いてみてます。
20200613163325989.jpg
やっぱりこっちの型の方が上手く焼けるなーと思う。
生地と型の相性なのか、型の形の影響なのか。









②粉はキタノカオリストレートがメイン。
湯種の粉のみ、ゆめちからブレンド。

オールキタノカオリでもいいといえばいいんだけど。
20200613163413429.jpg
こっちの方がわたし的にいい生地が出来る気がする。
ベタつきが軽減するという不思議。










③ニーダー捏ねでパシナージュは25%。
20200613163504783.jpg
硬い生地に頑張ってパシナージュしない。
このくらいが作業しやすい。









④ホイロは120分
20200613163542260.jpg
片上1.5~2.0cmくらいになる。

150分だと焼きあがってからの腰折れがどんどん進む。
ふわふわで美味しいんだけどね(;・∀・)









⑤焼成は低めの温度でじっくりと。
20200613163645404.jpg
でも下火はしっかりと欲しいので、銅板ありで200℃で予熱。
予熱完了(約5分)後も15分は稼働させておいて焼成時170℃に下げる。

これは最新に焼いてたやつ。
一晩置いておいた後の画像だけど、
あんまり折れなかった(∩´∀`)∩









たったこれだけの事にたどり着くまで、9回焼いたんだなぁ。
でもセントル角食はもっともーっと焼いてたっけ。
20200613163735481.jpg
まだまだ改良の余地ありだけど、
親しい人にならあげられるレベルまでは来たので、もがいて焼くのはこれにて終了。








未だにクラムの正解すら分からないのに、
トーストブロート語ってごめんなさい。
20200613163810544.jpg
長らくお付き合い下さった方、ありがとうございました(。-人-。)




そして今後の野望2つ!

ひとつは、いつか志賀シェフの型で焼いてみたい。
もうひとつは、2斤型で焼いてみたい。

2斤型はいつでも実行できるけど、
そろそろ違う食パンの口になってきてるんで、また今度。







↓をクリックして、応援いただけるとうれしいです(゜∀゜)ゝ 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


こちらも参加してます
関連記事
2020-06-15 : 山食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

6回目の着地点とは。

長らくトーストブロート1.5斤にお付き合い下さり、
ありがとうございます。

そろそろ沼から出たい~。
20200611100147412.jpg

トーストブロート1.5斤♪    ルヴァン種、ホップ種、セミドライ金、生イースト


6回目、赤サフをセミドライ金に変更。
なぜなら、赤サフが購入困難だから(;・∀・)

サフも鮮度が大事だなーと感じた事があって以来、3g入りを愛用。
もう残り少なくなってきたし、粉買うタイミングでは追加で買えなかったし・・・

あ、セミドラ金があったっけ!!
て事で、以来お砂糖を入れるパンには、
冷凍庫奥に押しやられていたセミドラ金様を使ってます。









だから何がどう変わった??なんて事は全く分からず(笑)
セミドライがイースト臭く感じて疎遠になってたんだけど、
量が少ないからそこも大丈夫。
20200611100447741.jpg
今回もっと大きく変更した事があります。










コレです。
20200611100341432.jpg
右が今まで使っていたチヨダの1.5斤。
左はアルタイトスーパーシリコンの1.5斤。

以前ずーーっと苦しんでたセントル角食が、
結局チヨダでは上手く焼けないという事に行きついた。
セントルとトーストブロート、湯種という共通点があるなぁと。









この2つの1.5斤型、高さは同じだけど長さと幅が全然違う。
 20200611100406569.jpg
うーん、なんだか気が進まんなぁ。
と実行するまで結構悩んだ。










だってこの、予想を裏切らなかったビジュアル(;・∀・)
20200611100124654.jpg
チヨダの型の方がシュッとしたのが焼ける!
親の欲目でブサカワという事にしとこう(笑)









でも腰折れ具合は修正出来てるみたい。
ゼロではないけど。
20200611100611856.jpg
クラムも悪くないかな。









で、なんだかこっちの方が美味しく感じるような。
20200611101036794.jpg
なんでだろ、面積の差?
ていうか、1枚あたりのカロリー増えてるわ( ̄▽ ̄;)



次回最終回!






↓をクリックして、応援いただけるとうれしいです(゜∀゜)ゝ 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


こちらも参加してます
関連記事
2020-06-12 : 山食 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

5回目、濡らしトーストブロート。

また間隔を空けてしまいました(;・∀・)ヤダヤダ

相変わらずの焼いてます。
20200610100237930.jpg

トーストブロート 1.5斤♪            ルヴァン種、ホップ種、赤サフ、生イースト


これで5回目。
作り方はほぼ4回目と同じ。










「きめが粗い」と「気泡」のハザマってどこなんだろうね。
20200610101028949.jpg
クラム膜にロデブに通ずるものを感じるなぁ。










なんて噂をしてたら、突然のロデブ(・▽・ノ)ノ!!
20200610100635676.jpg
うっ・・・しらじらしくてスミマセン(;・∀・)
後方に見える山の景色が悪すぎて現実逃避。










5回目にして一番の衝撃画像、出ましたよコレ。
20200610100138190.jpg
お皿か(笑)

腰折れというか、極度の焼き縮みなのかな。

原因は、たぶん濡らし食パン製法にしたからやと思う。
加水100%の生地。
なんとか丸められるとはいっても、未熟なわたしではやっとやっとな状況。
濡らし・・・は、手粉を使わずに手を濡らしながら成形する方法。





こちらの本の冒頭に濡らし食パンなる方法が載ってます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多加水パンの技術 [ 旭屋出版編集部 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/14時点)




でも本のとはレシピ全然違うし、
型も違うやろうし、ハマらなかったみたい(。-∀-)










ロデブは順調です。
20200610101158915.jpg










トーストブロートより加水低いけど湯種は入れてないから、
こっちのの方がみずみずしいクラム。
20200610101247354.jpg
ほんと高加水パンは美味しい(*´∀`人 ♪







↓をクリックして、応援いただけるとうれしいです(゜∀゜)ゝ 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


こちらも参加してます
関連記事
2020-06-10 : 山食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

apirara.

Author:apirara.
不器用なわたしだけど、しつこくパンを焼いています(^^)
同い年の旦那さんと高校生の息子との3人家族。北陸に住んでます。
お気軽にコメントくださいませ♪

検索フォーム

訪問ありがとうございます

どうぞごゆっくり

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これで撮ってます♪

ランキングに参加してます♪

こちらも参加してみました♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR